大腸がん転移に気を付けましょう~アンシンのがん治療~

男性

小さな臓器の病気

看護師

胸腺腫瘍は胸腺腫と胸腺がんの二種類があります。発展形が胸腺がんです。症状がないため健康診断における胸部X線による診断でしか発見できない病気です。重度になると呼吸困難などの症状が出る場合もありますが、すでに成長しきった状態です。

この記事を読む

日本人の多くがかかる

先生

血管やリンパ管を通して

大腸がんは粘膜から発生してしまう悪性腫瘍です。この悪性腫瘍は血管やリンパ管を経て周囲の内臓やリンパ節に転移したり大腸の外側に広がり周囲の内臓に浸潤したりします。良性の腫瘍だと大きくなることはあってもほかの臓器に転移したり、浸潤をすることはありません。大腸の一番内側にできた腫瘍は時間の経過に伴って大きくなっていき、大腸の外側の壁に向かって大きくなっていきます。最後にはこの壁を突き破って隣接する内臓に浸潤することになります。また腹膜の中にがん細胞がこぼれることもあり、このがん細胞が種をまくように腹膜上にばらまかれて、そこから芽を出すようにがんが広がっていきます。がん細胞が大腸内の静脈の中に侵入して体の各所に転移することもあります。

大腸内視鏡による切除

大腸の早期がんの大部分はポリープの形をとっています。大腸の内視鏡検査や生研の結果で大腸がんと診断されたならばどのあたりまでがんが進行をしているのかを見極めたうえで、このポリープを一括して切除することになります。早期のがんは小さいのでこのポリープを大腸内視鏡で切除するのが普通になっています。ほとんどの早期の大腸がんはこの施術により完治が可能になっていて、早期の大腸がんは内視鏡による切除で治療が進められていきます。ですがこの切除をするときに切断面にがん細胞を残していたり、がんの組織の中に切れ込んでいたりしたときにはがん細胞が転移する可能性もあります。一括で切除できないときには外科的に切除することになります。

国民病といわれる病気

医者

糖尿病は、近年、日本の国民病と呼ばれる病気です。高カロリーの食事を取り続けることで、血糖をコントロールするインスリンの機能が衰えます。その結果、血糖値が高くなり、色々な病気を引き起こします。小岩のクリニックには効果的な治療があるので、異変を感じたらすぐに相談したほうが良いです。

この記事を読む

気づきにくい脳の病気

カウンセリング

脳動脈瘤は、脳の血管が風船のように膨らむ症状です。大抵は無自覚なので、定期的に脳の検査を受けるべきです。ただ、あったとしても治療は積極的に行わず、経過観察するのが一般的です。理由は有効な治療が手術のみであり、破裂する可能性も低いからです。しかし、破裂の危険はありますから、経過観察には意味があります。

この記事を読む

Copyright© 2015 大腸がん転移に気を付けましょう~アンシンのがん治療~All Rights Reserved.